立川で動物病院にかかる時のポイント

家族の一員であるペットが不調になったとき、飼い主としてとても心配で焦ってしまうものです。そんな時に利用するのが動物病院、ワクチン注射から不調の時の治療まで任せられる病院選びや受診の際のポイントについて紹介いたします。

動物病院の選び方とは

動物病院

ペットとの暮らしは日々にあたたかい思い出をくれるもの、いつも愛らしい姿を見せてくれる動物達はかけがえのない存在です。しかしただ可愛いだけでは飼育できないのがペット、お世話をする必要もあれば、病気をするときだってあります。そしてたとえば犬の場合ですと、ワクチンの定期接種や狂犬病、フィラリアなどの対策もしていく必要があります。ペットを購入した際最初にすることは病院探しとされるくらいに動物病院は飼育において重要な存在です。ここではまずその動物病院探しについて紹介いたします。動物病院に関する情報はネットで閲覧できるので、立川での動物病院探しもまずはネットがおすすめです。

勿論近場の病院にまず行ってみるだけでも問題ないですが、ホームページを確認することによりどんな病院かなどを見ることができるのでおすすめです。写真を参考に清潔感があるかどうか、ペット達にどんなケアをしているか、治療方針はどんな感じか、どんなペットに対応しているかなどをホームページ上で確認可能なので事前にしておくのがおすすめです。また可能であれば、動物病院に実際かかった人にどんな感じだったかなどを聞けるようであれば聞いておきたいところです。料金についても勿論重要ですが、安いから良い、高いから良い、というわけではないので要注意となっています。

安い場合はそのお値段通りの治療のみだったり、高くても値段に見合った治療をしてくれるとは限らないのです。値段に見合った、そして納得のいく説明および治療をしてくれる病院探しがとても大事です。必要に応じて転院したりと、安心して任せられる病院探しをするのが理想です。いい動物病院を探すことができると、今後そこでペットの健康サポートをしてもらうことにもなります。ペットが健やかな生涯を送るために必須なので、納得の行く動物病院探しを目指したいところです。

動物病院にかかる準備とは

動物病院

健康診断やワクチンといった特に病気をしていない段階での通院ではなく、病気の兆候が見られて通院するときはできればやっておきたいことがいくつかあります。診察をスムーズに進めるためにも重要なことなので、ぜひ実践するのが望ましいです。動物は自分でどこが不調かを話すことはできないです。外傷がある場合であればその部分を調べればいいですが、内臓の不調などの場合は症状から見てその病気を推測していきます。まずやるべきことは普段お世話をしている人が病院に連れていくこと、症状に気づいた時期や変わったこと、食欲があるか、水を飲んでいるかなどを細かくメモなどに記して獣医師に渡すと診察はスムーズです。

便や嘔吐物があるならばそれを持ちこむのもおすすめで、実際に獣医師が見て確認し、そのまま検査に用いたりする場合もあります。そして可能であれば動画を撮影しておくと尚良いです。症状がでている様子を撮影しておき、診察の際に獣医師に見せてその様子から診断できる材料を探します。咳の音やけいれんの様子、いざ目の当たりにすると焦ってしまうかもしれませんができるだけ撮影できるよう心がけておきたいところです。他にも家であらかじめ熱をはかっておいたり、できるだけ余裕をもって受診をするようにしたりとできることは沢山あります。予約を活用すると待ち時間も少なく効率的です。ペットを病院に連れていくのは、ペットは勿論ですが、飼い主にとっても負担です。ですから、できるだけスムーズに終わることができるようにするためにもこうした工夫は大事なこととされています。

動物病院でのマナーとは

動物病院

他にもたくさんお動物が出入りし、消毒液の匂いやそこで打った注射の痛みなどで相当なストレスを感じる動物達がいます。病院に連れていくと暴れたり吠えたりしてしまう、最悪の場合脱走しようとしてしまうこともあるので注意が必要です。これらは周りの人に迷惑がかかるだけではなく、ペットに負担を強いることになったり、また事故に繋がる危険性もあるので、中には可哀想と感じる手段もありますがマナーを知り、それを守るための方法についても紹介いたします。まず大前提に、リードはしっかり繋いでおくのが大事です。もしリードではダメな場合はケージに入れて暴れて逃げ出さないようにしておくようにしなければならないです。

猫の場合は特に捕まえにくく、俊敏なのであらかじめ洗濯ネットなどにいれて、そのうえでケージに入れておくのが安全です。動物にとっては嫌なことかもしれませんし、飼い主にとっても心苦しいことではありますが、万全を期すためにこれらをしておくと事故を未然に防ぐことができます。そして次にしつけをきちんとしておくことが大事です。これについては動物によっては向き不向きもあるかもしれませんが、あまりに暴れてしまう、場合は麻酔を打つことになったり、犬の場合は吠えてしまうと診察の間先生の声を聞き取れない状態になってしまいます。特に犬の場合はしつけをきちんとしておくのが大事、できればアイコンタクトで飼い主さんに注意を向けることができるようになっておくのが望ましいです。

またしつけをするにあたり、人の手で触られるということに慣れさせておくのも大事なことです。これは特に難しいことではなく、普段からたっぷりスキンシップをしておくだけです。耳の中など触られるのを嫌がる部位も触ってみて、もし大人しくできたらしっかり褒めてあげるのが有効です。また粗相については動物病院スタッフに申し出れば基本問題ないです。病状によってはお腹が緩くなってしまっている子もいるので、その旨を伝えておき、粗相してしまった場合処理をしてもらうことになります。マーキングをしてしまう子についてはマナーパッドをつけたりと、飼い主として事前に防ぐ方法をとるのが大事です。動物病院でのマナーは暴れないようにする、または暴れても危険がないようにすること、しつけを施しておくこと、そして粗相の場合は速やかにスタッフに言うことです。いずれもペットを飼育するにあたり大事なことなので、きちんと守る必要があります。

立川で動物病院にかかるなら

動物病院

立川には飼い主、ペット両方に配慮した各種保険適用の動物病院があります。事前にホームページを参考に、まずは電話で相談をおすすめいたします。家族の一員であるペットの健康維持を任せる動物病院は全てのペットオーナーさんに重要な医療機関です。不調は勿論のこと健康診断やワクチン接種、また爪切り、歯切り、肛門腺絞りなどもしてくれるので普段のケア含めてお世話になることになり得ます。病院選びにおいて重要な部分はそんな大事なペットを安心して任せることができ、また何かあったとき丁寧な説明と治療内容の提案をしてくれるかどうかです。立川でいまから動物病院を探す方は、ぜひそんな病院を探すよう意識して、情報を集めていくのをおすすめいたします。長い時間を一緒に過ごしていくペットが健やかな毎日を過ごせるかどうかは飼い主次第、愛情をもって一緒に過ごしているペットのことに親身になってくれる動物病院探しができるのが望ましいです。